サポートを受けながら1億円を運用していこう|投資対象選びが重要

国内と海外の違い

婦人

それぞれのメリットとは

fxには国内に本社のある業者と海外に本社がある業者の二種類があり、それぞれにメリットがあります。海外口座を利用する一番のメリットは高いレバレッジでトレードできる点にあります。国内fxではレバレッジ規制によりレバレッジが最大25倍と決められているのに対し、海外口座は日本の法律が適用されませんので高いところでは1000倍を超えるレバレッジでトレードすることができます。レバレッジが高いと危険だと思われるかもしれませんが、少ない証拠金で取引できることや、海外口座ではゼロカットシステムにより追証が発生せず損失が証拠金以上にならないというメリットが有り、必ずしもリスクが高いとはいえません。ですから資金が少ないときは海外口座を持っていたほうが資金効率のいい取引ができるのでおすすめです。反対にある程度の資金を持っている方はそこまで高いレバレッジでトレードする必要はありませんので、国内fx口座でも問題ありません。国内fxと海外fxの違いとして税制の違いもあげられます。国内fxは個人の場合、申告分離課税ですのでどれだけ利益が出ても、利益に対して一律で約20パーセントの税金がかかります。しかし海外口座の場合雑所得扱いになりますので年間の利益が約200万円以下の場合税率は15パーセントですので国内fxより少なくなります。しかし利益が330万円を超えると税率が30パーセントになってしまいますので、利益によって口座を使い分けるといいでしょう。